診療科・各部門のご案内
トップページ >> 診療科・各部門のご案内 >> 看護部のご紹介
診療科・各部門のご案内
診察予定・診療医一覧
院長あいさつ
河北病院のご案内
  • 診療受付時間
    月曜日〜金曜日 
    午前8:30〜11:30
  • 休診日
    土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)
    休日、時間外の診療は急患室にて行っています。
    ただし、12月30日、1月2日は診療日(土・日・振替休日の場合は休診)です。

看護部のご紹介

 河北病院の役割にもありますように、がんの患者さんや慢性疾患の患者さんの症状緩和をきめ細やかに対応するために、専門的な知識を持つ、緩和ケア認定看護師やがん化学療法認定看護師、更には糖尿病患者の療養指導などにかかわる看護師等を育成しています。
 また、女性にやさしい医療として、不妊認定看護師等による相談などをしております。病院にとどまらず、地域との連携をスムーズにするためにも訪問看護や施設等の職員研修をおこない、患者さん家族の方が安心して治療や自宅での療養ができるようにサポートをしていきたいと努力しております。


看護部の理念と目標

 看護部では、患者さんが外来にいらした時から、その人の生活をイメージした看護の提供ができることを大切にしています。その為には、理念にある信頼の構築が不可欠です。
 信頼していただける看護師を育成し、入院中はもちろん、その方の生活の場へ切れ目なく看護が繋がって行く支援を行っていきたいと努力しています。



   副院長兼看護部長  柳沼明美  認定看護管理者

理念


「皆さまに信頼される看護を提供します。」


解釈:看護は、対象者の人々との間に築かれる信頼を基盤として成立します関係。私達は、命の尊厳及び個々を尊重した上で、安全で安心できる看護を提供することが重要だと思っています。1人ひとりに寄り添い、目で見て手で触れて、会話しながら「心まで看る」暖かな看護をしたいと考えました。

平成30年度目標

  1. 安心いただける対応を行います。
    • 優しい言葉づかいと笑顔で接します。
    • 確かな看護技術の向上を図ります。
  2. 病院と地域、切れめない看護を提供します。

河北病院クリニカルラダー

 河北病院の看護師は、「確かな看護技術」と「確実なアセスメント能力」「対象の力を引き出す能力」を持ち「豊かな温かい心」で患者にケアを提供することを目指します。また、「その人その人らしく生ききる」の実現に向け、地域の医療スタッフと「協働する能力」を発揮し地域全体で看護を提供することを目指しています。

レベルT 指導を受けながら実践できる。新人看護師が1年間で取得を目指す。
レベルU プライマリーナースとして自立した看護ができる。
レベルV 調整能力を持ちリーダーシップを発揮し、コーディネートできる。
レベルW 役割モデルとなり、マネージメント力を発揮しファシリテートできる。
レベルX スーパージェネラリスト。
  クリニカルラダーにそった研修も企画しています。

 2年目3年目合同研修では、訪問看護ステーションに出向したスタッフより、在宅支援の研修会を実施しています。

マネジメント・ラダー

 県立4病院・1センター共通のマネジメント・ラダーを平成29年度から導入しております。主任看護師以上の看護管理者の役割遂行課題を標準化することで、異動しても継続的な人材育成につながっています。


  

認定看護師の活動紹介